熊本銀行で楽しく預金

熊本銀行のミックスパック

円定期預金は資産運用商品の中で最も低リスクな商品ではありますが、その分利益も少ないのが欠点です。円定期預金の金利は低いため1000万円単位で預けて初めてまとまった利息が得られるという具合です。そこで円預金より利益が大きい外貨預金を利用する人もいますが、為替差益を得るにはある程度の経験と知識が必要ですし、取引する外貨によっては利益が少なくなってしまいます。そこで今注目を浴びているのが投資信託です。

投資信託とは複数の投資家から集めた資金を一つにして、専門家が投資・運用するという商品です。投資家がファンドを選択して好きなだけ購入すればあとはプロがやってくれるので、初心者でも使いやすいのが特徴です。NISAのように一定額が非課税になるサービスや、ノーロードファンドのような手数料無料の安価格ファンドもあって比較的費用を少なくできる商品です。熊本銀行ではそんな投資信託と金利上乗せ定期預金をセットにした商品ミックスパックを販売しています。

熊本銀行のミックスパックは投資信託と定期預金を同時に運用するサービスで、定期預金の預入金額の上限が投資信託の購入金額と同じになります。そのため投資信託をたくさん購入すれば、定期預金にもたくさん預けられるようになるのです。定期預金の利息は元金成長方式と利息受取方式のどちらかを選ぶことができ、スーパー定期などと比べても遜色ない使い心地です。元金成長方式とは利息を元金に加えて自動継続することです。

しかし投資信託は元金保証の商品ではなく、預金保険の対象でもないのである程度のリスクは覚悟する必要があります。外貨預金のように取引に手数料がかかり、実質的な利益が減る恐れもあります。さらに定期預金の金利上乗せは期間限定なので、長期的な投資を目指す場合はメリットが減ってしまいます。投資信託と定期預金を切り離して別々に利用するのも検討しておきましょう。

円定期預金の金利>>>定期預金の金利の比較

元金成長方式>>>スッキリ解消 投資信託のギモン| NISA - 日興アセットマネジメント