熊本銀行で楽しく預金

熊本銀行の積立式定期預金

熊本銀行の円定期預金の中では積立式定期預金も便利です。積立式定期預金とは他行で言うところの積立定期預金で、毎月自動的に一定額を貯めることができます。余裕資金や特定の目的のための資金作りに利用されることが多く、自動積立なので普通預金から手動で口座振替するよりも便利です。同じく自動積立の商品には財形貯蓄がありますが、こちらは給料から天引きされます。

積立式定期預金はとくに致命的なデメリットはありませんが、積立額をうまく設定しないと長続きしないことも多い預金商品です。具体的には毎月の収入と出費に対して積立額が多すぎると、お金に困って積立をストップしてしまう展開になりやすいのです。そこで長期間積み立てをおこなうためには積立額を収入の2割程度にし、給料日の直後に積立日を設定することです。そうすれば月々の出費の前に貯金を済ませることができて、積立額も多すぎずコツコツ貯めることができます。

熊本銀行では通常の積立式定期預金に加え、子どもや孫の教育資金に充てるための積立式定期預金もあります。教育資金を貯めたり贈与したりするケースは非常に多く、巷では教育資金贈与非課税預金口座や教育資金贈与信託など様々な商品があります。これらの商品には子どもや孫に贈る教育資金なら一定額まで非課税になる措置が反映されており、高額な資金をお得に贈与できる点が人気です。しかし熊本銀行の教育資金用の積立式定期預金は贈与非課税措置とは関係なく課税されるため注意が必要です。

積立式定期預金の満期日後にさらにお得に運用するには定期預金がオススメです。王道はスーパー定期、金額が大きければ大口定期預金ですが、今時はインターネット専用定期預金も高金利で人気です。あるいは投資信託や外貨預金といったハイリスクハイリターンの商品で運用することもあります。積立式定期預金で貯めたお金を定期預金に入れる際は、全額入れずに少し生活費として残しておくと安心です。