八十二銀行の便利商品

八十二銀行の外貨普通預金

2014年は一気に円安が進みましたが、2015年もまだ円安傾向が続くと言われています。円安や円高を気にするのは海外旅行のときだけという人も多いですが、円安傾向は資産運用にも大いに影響します。とくに外貨で預ける外貨預金は、日本円と外貨の為替相場の違いで為替差益という利益を得ることができ、円安傾向だと利益が出る仕組みになっています。八十二銀行でも外貨預金を利用する人が多いです。

八十二銀行で初めて外貨預金を利用する際は外貨普通預金がオススメです。外貨普通預金とは円普通預金と同じく資金の出し入れが自由にできる商品で、有利な為替相場のときに払い戻しできるという利点があります。さらに満期日まで引き出せない外貨定期預金よりも低リスクということで、運用できる外貨の選択肢が広い傾向にあります。八十二銀行では米ドル、ユーロなど王道の通貨に加えてポンド、香港ドルなども扱っています。

しかし先進国で流通している基軸通貨は、為替が安定しているため日本円のような低金利が多いです。そこで利息を稼ぎたい場合は八十二銀行の貯蓄型外貨普通預金がオススメです。この商品はいわゆる円貯蓄預金と同じで、基準残高を上回ると適用金利が上がる仕組みです。そのため為替差益を得るのに慣れていない初心者向けの商品と言えます。ただしこの商品は月6回以上引き出そうとすると払戻回数超過手数料がかかるので注意しましょう。

外貨普通預金にはリスクもあります。たとえば預け入れたときより円高になると為替差損を被り元本割れしやすいことです。そのため円定期預金と外貨預金をセットで運用できる八十二銀行のセットプランを利用する際は、事前に為替相場をチェックする必要があります。金融機関によっては退職金運用プランとして外貨預金と円定期預金のセット商品を提供していることもありますが、預入金額が大きいこともあり、利益をシミュレーションしてから口座開設したほうが失敗が少ないでしょう。