八十二銀行の便利商品

八十二銀行の外貨定期預金

外貨普通預金の運用に慣れたら、為替相場によっては外貨定期預金を使ってみるのもオススメです。外貨定期預金は円定期預金と同じく満期日まで引き出せない代わり高金利となる預金商品で、為替差益に加えて外貨普通預金よりも多い利息を受け取ることができます。為替差損のリスクがあるため円定期預金で資産運用する人も少なくありませんが、預金金利がなかなか上がらない以上、外貨定期預金や投資信託を利用したほうが利益の期待値が高いです。

一般的に金融機関の外貨定期預金のデメリットは商品の種類が少ないことです。円定期預金のように何種類もの商品があるわけではなく、せいぜい1種類か2種類から選ぶことが多いのです。しかし八十二銀行の外貨定期預金は3種類あり、地方銀行でありながら比較的自由に選ぶことができます。取り扱い通貨も外貨普通預金と同様に最大6種類あり、外貨普通預金で使い慣れた通貨をそのまま外貨定期預金で利用することができます。

八十二銀行でオススメの外貨定期預金は、特約付外貨定期預金です。この商品は外貨預金の為替リスクを回避できる特約がついており、満期時の為替相場が預入時の為替相場よりも円高だと外貨での払い戻しになります。円高時に外貨のまま払い戻すことによって、日本円に戻すときに生じる為替差損を回避することができるのです。そのため将来の為替相場に不安があるときでも為替リスクを気にせず利用できますが、募集期間中にしか口座開設できないというデメリットがあります。

もし特約付外貨定期預金の募集をしていないときは、一般外貨定期預金が便利です。為替リスクを回避する特約はありませんが、預入期間が1週間から設定できるため、為替相場が変わる前に短期運用することができるのです。ただし短期間だと利息がつきにくいので、預入金額を多くしたり、インターネットバンキングで申し込んで為替手数料を割り引きしたりして利益を得やすくするとよいでしょう。