貸金庫の賢い使い方

貸金庫で現金を預ける

貸金庫に現金を預けるという方法は脱税の方法でもありますが、あらかじめ現金を預けることが可能という売り文句の貸金庫もあります。そもそも貸金庫内にある現金の分の税金を申告しないから問題になるわけで、申告して税金を納めれば税務署は来ません。税務署の調査対象は預金だけでなく貸金庫内の現金にも及ぶので注意が必要です。

申告したうえで現金を貸金庫に預ける場合、ペイオフ解禁に対する対策として有効になります。というのも貸金庫内の現金はペイオフの対象ではないからです。万が一金融機関が経営破たんした場合、1000万円までなら預金が保護されます。そのため口座の残高合計が1000万円以下なら問題ありませんが、1000万円以上ある場合、余った分は保護されません。そのため複数の金融機関に預金を分配したりするペイオフ対策があります。貸金庫に現金を預けるのもその一つです。

貸金庫に預けた現金は口座の預金と同じくくりにはされないため、金融機関が経営破たんしても全て返ってくるのです。そのため税金を申告した上で貸金庫に現金を預けると、ペイオフに関係なく1000万円より多い貯金を保護することが可能です。このためペイオフ解禁以降貸金庫に現金を預ける人が増えました。

しかし貸金庫に現金を預けている場合、家族などに告知しておいたほうがいいでしょう。万が一自分の身になにかあった場合、家族が貸金庫の現金の存在を知らないがために、申告漏れや相続に関するトラブルが起こってしまう可能性があるためです。

税務署>>>国税局・税務署を調べる|国税庁概要・採用|国税庁