貸金庫の賢い使い方

貸金庫での相続問題

貸金庫関連のトラブルでよくあるのが相続に関するものです。というのも貸金庫内のものは当然預けた利用者の財産になるので、利用者が預けたまま亡くなった場合、権利のある身内が中身を相続することになります。相続に関するトラブルというのは、主に利用者が亡くなったことによって口座や貸金庫が凍結されてしまうということにあります。貸金庫内の重要書類や現金を出そうとしても、利用者が亡くなった場合すぐに凍結されてしまうのです。

なぜ凍結されてしまうのかというと、口座や貸金庫の名義人が亡くなることによって誰が相続するかという展開になります。基本的に故人の財産は遺産分割協議が終わるまでは相続人全員のものという扱いになります。そのため「妻だから」「息子だから」という理由であっても相続人の一人にすぎない以上、協議の結果を無視して金融機関が財産を渡してしまったという責任に問われる可能性があるのです。そのため金融機関側は相続する人が決まるまでは凍結させたままにしてしまいます。

相続手続きは所定の相続届を使って行うことになります。相続の権利がある者全員の署名捺印と戸籍に関する書類、印鑑証明書などを添えることで相続手続きを行うのです。しかしながら個人が亡くなる場合遺言書が残されている場合もあります。遺言書で相続人が指定されていた場合、その人だけで相続手続きを済ませることができます。貸金庫と同様に預金口座の内容についても同じ形式で相続手続きを行います。

遺産分割協議>>>遺産分割協議書