佐賀銀行のあれこれ

佐賀銀行と法人

佐賀銀行のような地方銀行は、一口に法人といっても中小企業や自営業、個人事業主との取引が多いです。そのため比較的小規模なローンやベンチャー企業向けの経営サポートサービスをおこなっています。こうした銀行の法人向けシステムは銀行によって業務システムに差が生じているので注意が必要となります。たとえばメガバンクは中堅以上の企業との取引が多く、ローン審査も厳しい傾向にありますが、佐賀銀行などは比較的緩い審査で地元中心に幅広く取引をおこなっています。

法人が経営に関する相談をおこなうときは、基本的に自社と同じエリアにある営業店に相談に行きます。法人の場合、担当者が社に足を運んでくれることも多いです。そうしたときは自社の経営機能や活動内容を実際に見てもらって、より具体的なサポートを受けましょう。ただし自営業など規模が小さくなると、単純にローンを受けるだけというところも多いのが現状です。しかし佐賀銀行はローンよりも経営サポートなどのほうに力を入れています。

ローン以外だと法人向けインターネットバンキングが人気です。預金の管理や他行宛ての振込、資金の移動などの利用が多いのです。法人口座を開設する際は様々な書類等が必要となり、さらに法人名義の口座が犯罪の温床となっているため手続きが厳格化しています。そのため資本金や事業の内容を示す資料は多めに用意しておくと安心です。所在地と離れた支店での口座開設も警戒される要因となるので、所在地の最寄の支店での口座開設が望ましいです。

銀行を狙った詐欺は個人口座が被害に遭うケースが圧倒的に多いですが、まれに法人口座が被害に遭うこともあります。そのため各銀行はセキュリティや情報系システムの向上に力を入れており、システム部を仮想化してセキュリティを強化しつつ、サーバー統合によってより流動性のある情報環境を整えるため、サービス移行を勧めている銀行が少なくありません。仮想化基盤を構築してシステムを運用することで銀行業務もスムーズになるため、将来銀行業への就職を目指す学生にとっても非常に興味深いことです。